亜鉛の1日あたりの所要量、イソロイシン

亜鉛とは?

亜鉛というのは、ジンクとも呼ばれます。

 

亜鉛は、たんぱく質やホルモンの合成など、
多くの新陳代謝にかかわっていて、
遺伝子が働くためには欠かせないミネラルです。

亜鉛が不足するとどうなるのですか?

亜鉛が不足すると次のような症状が起こります。

 

■免疫力の低下
■味覚障害
■皮膚炎
■ホルモン生成の低下
■うつ病などの精神障害

亜鉛の1日あたりの所要量は?

日本人成人の1人当たり栄養所要量は、
男性が10〜12mg、女性が9〜10mg、
妊婦や授乳婦の場合は3mgを追加した量となります。

 

ちなみに、許容上限摂取量は30mgです。

 

なお、1日当たりの摂取目安量に
亜鉛が3〜15mg含まれている食品には
「保健機能食品」(栄養機能食品)の表示が認めらています。

 

スポンサーリンク

亜鉛を含んだ食品は?

亜鉛は、牡蠣(かき)に非常に多く含まれています。

 

そのほかでは、煮干、ゴマ、ココア、小麦はい芽、
レバーなどに多く含まれています。

イソロイシンとは?

イソロイシンというのは、
筋肉でエネルギー源になる分岐鎖アミノ酸(BCCA)の1つです。

 

イソロイシンは、体内で合成できない必須アミノ酸で、
成人男子の要求量は体重1kg当たり1日10mgとされています。

イソロイシンの効用は?

イソロイシンは、
肝硬変患者の低アルブミン血症を改善する
BCAA製剤に利用されていますが、
BCAAの中でも耐糖能を改善する作用が強いです。

 

また、イソロイシンは、インスリンとは違うメカニズムで、
筋肉におけるグルコースの取り込みを促し、
グルコースをグリコーゲンとして蓄積するのを促進します。

 

スポンサーリンク