γオリザノール、ガンマ-リノレン酸含有食品、γリノレン酸、キシロオリゴ糖...

γオリザノールとは?

γ(ガンマ)オリザノールというのは、
米はい芽や米ぬかに多いポリフェノール成分で、
米はい芽や米ぬかを搾って作る米油に含まれています。

 

また、γオリザノールは、植物ステロールの仲間で、
コレステロール低減や脳の機能劣化防止などの作用が知られています。

 

ちなみに、日本では、高脂血症や自律神経失調症の医薬品として、
1日10〜300rが使われています。

ガンマ-リノレン酸含有食品とはどのような食品ですか?

ガンマ-リノレン酸含有食品というのは、
(財)日本健康・栄養食品協会(JHNFA)が
安全性などの規格基準を設けている健康補助食品の1つです。

 

具体的には、ムラサキ科に属するルリチシャ、オオルリソウの種子、
ユノシタ科に属するゴマノハグサの種子より採取した油を

 

食用に適するように処理した
γリノレン酸油脂を含有する食品です。

γリノレン酸とは?

γ(ガンマ)リノレン酸というのは、
オメガ6系の多価不飽和脂肪酸のことで、
体内ではリノール酸から作られます。

 

このγリノレン酸は、母乳の成分であるだけでなく、
月見草(メマツヨイグサ)など一部の植物種子に多く含まれています。

 

ちなみに、月見草などの種子油や微生物で作った
γリノレン酸が使われています。

 

スポンサーリンク

γリノレン酸の効果は?

γリノレン酸には、
アトピー性皮膚炎を改善する効果があることから、
英国では医薬品として用いられています。

 

なお、1日340rで
月経前症候群(PMS)の症状を緩和したという報告もあります。

キシロオリゴ糖とはどのようなオリゴ糖ですか?

キシロオリゴ糖というのは、
腸内のビフィズス菌を増やすオリゴ糖の1つで、
タケノコなどに微量に含まれています。

 

また、工業的には、植物の繊維セルロースを
酵素に分解して作られます。

 

なお、キシロオリゴ糖を配合した飲料や菓子などが
「おなかの調子を整える」トクホ(特定保健用食品)
として厚生労働省から認められています。

キシロオリゴ糖の摂取量は?

キシロオリゴ糖の1日目安量は、0.4〜0・7gです。

 

ちなみに、重度の便秘に悩む妊婦が
1日4gを4週間続けたところ、
便秘が解消したという報告もあります。

 

スポンサーリンク