活性酸素が及ぼす作用、ウーロン茶ポリフェノールの効用...

活性酸素とはどのような酸素ですか?

活性酸素というのは、
大気中にある普通の酸素よりも、
はるかに化学反応を起こしやすい酸素のことです。

 

わかりやすく言いますと、ヒトの体内では、
食べ物からエネルギーを取り出す、運動する、日に当たるなどの

 

様々な生活の場面において、色々な化学変化が起こっているわけですが、
その過程で活性酸素が発生します。

活性酸素が及ぼす作用は?

活性酸素は、
周りにある物質を酸化する力が強く、

 

皮膚など体が老化するのは
主としてこの活性酸素の有害作用であると考えられています。

活性酸素の害を防止するには?

人体には活性酸素に対する防御システム※が備わっていますが、
食品などからとる様々な抗酸化成分も、
活性酸素の害を防ぐ上では役に立ちます。

 

※スーパー・オキサイド・ディスムターゼという酸素を作り出すなどです。

 

スポンサーリンク

ウーロン茶ポリフェノールとはどのようなポリフェノールですか?

ウーロン茶ポリフェノールというのは、
ウーロン茶に含まれるポリフェノールのことです。

 

ウーロン茶ポリフェノールは、
非常に抗酸化力が強いとされています。

ウーロン茶ポリフェノールの効用は?

ウーロン茶の茶葉というのは、
緑茶の茶葉と同様に
植物カメリア・シネンシスの葉から作られます。

 

しかしながら、ウーロン茶の場合は、茶葉を作る過程で、
茶に含まれるポリフェノール成分であるカテキンの重合が進むために、
カテキンのうち半分ほどはカテキンの重合体に変化しています。

 

この重合によって、
食べた脂肪を消化・吸収させずに体外に排出させる、
カテキンの作用が高まると考えられています。

 

ウーロン茶の健康効用としては、
糖尿病抑制や体脂肪燃焼、美肌効果などが知られていますが、

 

ウーロン茶ポリフェノールは、
健康効用への寄与が大きいといえます。

 

スポンサーリンク