ガラクトオリゴ糖、カルシウムパーラー、からだサポートごはん、カルピスキッズ...

ガラクトオリゴ糖とはどのようなものですか?

ガラクトオリゴ糖というのは、
腸のビフィズス菌を増やすオリゴ糖の1つです。

 

このガラクトオリゴ糖は、
ガラクトオリゴ糖を配合したテーブルシュガーや飲料、酢などが

 

「おなかの調子を整える」トクホ(特定保健用食品)
として厚生労働省から認められています。

ガラクトオリゴ糖の摂取量は?

ガラクトオリゴ糖の目安量としては、
1日1〜3g程度とされています。

ガラクトオリゴ糖の作用は?

ガラクトオリゴ糖は、
血中のコレステロールや中性脂肪を下げるという作用が報告されています。

 

スポンサーリンク

カルシウムパーラーとは?

カルシウムパーラーというのは、
厚生労働大臣が食品の保健機能表示を許可する
トクホ(特定保健用食品)の商品名で、

 

具体的には、CCM(クエン酸リンゴ酸カルシウム)を配合した
清涼飲料水のことです。

 

なお、宝酒造が商品化し、
「カルシウムの人への吸収性が高く、食生活で不足しがちなカルシウムの摂取に適する」
という内容の表示許可を取得しています。

からだサポートごはんとはどのようなものですか?

からだサポートごはんというのは、
厚生労働大臣が食品の保健機能表示を許可する
トクホ(特定保健用食品)の商品名で、

 

具体的には、亀田製菓が商品化している
包装米飯(パックご飯)のことです。

 

ちなみに、
「食物繊維として難消化性デキストリンを含み、糖の吸収を穏やかにするので、
血糖値の気になる方には適する」
という内容の表示許可を取得しています。

からだサポートごはんの摂取量は?

からだサポートごはんの摂取目安量は、
1日1パック(165g)とされています。

カルピスキッズとは?

カルピスキッズというのは、
厚生労働大臣が食品の保健機能表示を許可する
トクホ(特定保健用食品)の商品名で、

 

具体的には、カルピスが商品化している
乳酸菌飲料のことをいいます。

カルピスキッズの摂取量は?

カルピスキッズの摂取目安量は、1日1本(100ml)です。

 

スポンサーリンク