カルシウムの不足・摂取量は?

カルシウムとはどのようなミネラルですか?

カルシウムというのは、
歯や骨の形成・維持に不可欠なミネラルであり、

 

体内では、その99%までが骨に存在しています。

 

また、カルシウムは、
筋肉の収縮や心臓の拍動を調節する機能を持ちます。

カルシウムが不足するとどうなりますか?

カルシウムが不足すると、骨が弱くなり、
骨折や骨粗しょう症を引き起こします。

 

また、イライラや
情緒不安定につながるとも言われています。

カルシウムが含まれる食品は?

カルシウムは、食品では
干しエビ、煮干、ひじき、チーズなどに多く含まれています。

 

なお、サプリメントの場合は、
ミネラルは協調して働きますので、
カルシウムとマグネシウムを1:1〜2:1の比率でとるといいです。

 

ちなみに、1日当たりの摂取目安量に
カルシウムが250〜600r含まれている食品には、
「保健機能食品」(栄養機能食品)の表示が認められています。

カルシウムの摂取量は?

カルシウムの日本人1日当たり栄養所要量は、
29歳までの男性で700r、それ以外は600rとされ、
許容上限摂取量は2500rとされています。

 

なお、妊婦は300r、授乳婦は500mgを追加します。

 

スポンサーリンク

カルシウム食品とはどのような食品ですか?

カルシウム食品というのは、
(財)日本健康・栄養食品協会(JHNFA)が
安全性などの規格基準を設けている健康補助食品の1つで、

 

具体的には、原材料基準に定める原料を使用し、
カルシウムを規定量含み、
食用に適するように加工した食品のことです。

カルシウム食品の種類は?

カルシウム食品には、次のようなものがあります。

 

■カルシウム含有食品
・その食品1g当たり50r以上400r以下、
 液状は100ml当たり500mg以上1000r以下含有した食品です。

 

■カルシウム含有加工食品
・その食品1g当たり10r以上50r以下、
 液状は50mg以上500r以下含有した食品です。

カルシウム食品の原材料基準は?

カルシウム食品の原材料基準としては、
次の10種類が規定されています。

 

■牛骨・魚骨 
■イカ甲羅 
■牡蠣殻・帆立貝殻 
■真珠貝殻 
■卵殻 
■海草
■乳清(ホエー) 
■発酵生成有機酸カルシウム 
■風化造礁サンゴ粒 
■苦灰石

 

スポンサーリンク