ビタミンE、ヒドロキシクエン酸、ヒドロキシトリプトファン...

ビタミンEとはどのような成分ですか?@

ビタミンEというのは、
強い抗酸化作用を持つビタミンのことです。

 

ビタミンEは、油に溶けやすく、
体内の油(細胞膜など)の中に溶け込んでその酸化を防ぐことから、

 

動脈硬化を抑え、
心臓病や脳卒中を予防すると考えられています。

ビタミンEとはどのような成分ですか?A

ただし、
体質※によっては効果が出にくいこともあります。

 

※ハプトグロビンというたんぱく質のタイプ

ビタミンEが含まれているものは?

ビタミンEは、食品では、
アーモンドやクルミなどのナッツ類やはい芽油、卵黄、
レタスなどの葉物野菜に多く含まれています。

ビタミンEの効用は?

ビタミンEは、天然には
トコフェロールとトコトリエノールの2種類がありますが、

 

これが不足すると、貧血を起こしたり、
運動機能や神経機能に障害が出ることもあります。

 

なお、ビタミンCには酸化されて効力を失ったビタミンEを
もとの形に戻すリサイクル作用がありますので、
一緒にとったほうがよいとされています。

 

スポンサーリンク

ビタミンEの摂取量は?

1日当たりの摂取目安量に
ビタミンEが3〜150mg含まれている食品には、
「保健機能食品」(栄養機能食品)の表示が認められています。

 

また、日本人成人の1日当たり栄養所要量は、
男性が10r a-TE、女性が8r a-TEで、
妊婦は2r a-TE、授乳婦は3r a-TEを追加します。

 

なお、成人の許容上限摂取量は600r a-TEとされています。

 

※a-TEは、a トコフェロール当量の略です。

ヒドロキシクエン酸とはどのような成分ですか?

ヒドロキシクエン酸というのは、
「HCA」と略語で呼ばれることが多いですが、
ガルシニアの実に含まれているダイエット成分のことです。

 

ヒドロキシクエン酸は、試験管内実験において、
体に脂肪を付ける※酵素を阻害する効果が確認されています。

 

なお、動物にHCAを食べさせると食欲が減り、
体重が落ちる一方で、ヒトを対象とした厳密な試験では、
体重を減らす効果は確認されていません。

 

※糖分を脂肪に変換するものです。

ヒドロキシトリプトファンとは?

ヒドロキシトリプトファンというのは、
「5-HTP」という略称が用いられることが多いですが、
体内で神経伝達物質のセロトニンに変わる物質のことをいいます。

 

ヒドロキシトリプトファンは、
普通の食品にはほとんど含まれていませんが、

 

アフリカ原産の植物である「グリフォニア」から抽出した
5-HTPが、サプリメントとして販売されています。

 

なお、ヒトを対象とした試験では、
不眠や憂うつ感、頭痛を和らげる効果が報告されています。

 

スポンサーリンク