ビフィール、ヒペリシン、ヒペルフォリンのサプリメント...

ビフィールとはどのようなものですか?@

ビフィールというのは、
厚生労働大臣が食品の保健機能表示を許可する
トクホ(特定保健用食品)の商品名で、

 

具体的には、ヤクルト本社が商品化している
発酵乳(のむヨーグルト)のことです。

ビフィールとはどのようなものですか?A

ビフィールの目安量は1日1本ですが、
1本100mlにB.プレーベ・ヤクルト株が100億個以上含まれてます。

 

なお、ビフィールは、
次のような内容の表示許可を取得しています。

 

⇒ 「生きたまま腸内にとどくB.ベレーべ・ヤクルト株の働きで、おなかの中の良い菌を
   増やし悪い菌を減らして、腸内の環境を改善し、おなかの健康を守る」

ヒペリシンとはどのような成分ですか?

ヒペリシンというのは、抗うつ作用を持つハーブである
「セントジョンズウォート」の有効成分と考えられてきた成分ですが、

 

現在では、抗うつ作用を持つのは
「ヒペルフォリン」という成分だという説が有力です。

 

なお、セントジョンズウォートは、
脳内のセロトニン濃度を高めてうつ症状を抑えるとされています。

 

スポンサーリンク

サプリメントによる摂取について

有効量を摂取するために、サプリメントでは
ヒペルフォリンを4%以上含むと明記されたものを選択するようにしたいです。

 

次善の策としては、
ヒペリシン0.3%以上のものを選びたいです。

ヒペルフォリンとはどのような成分ですか?

ヒペルフォリンというのは、
抗うつ作用を持つハーブ「セントジョンズウォート」の有効成分です。

 

かつては「ヒペリシン」が有効成分と考えられてきましたが、
最新の研究ではヒペルフォリンが有力になってきました。

ヒペルフォリンのサプリメント

ヒペルフォリンの有効量を摂取するために、サプリメントでは
ヒペルフォリンを4%以上含むと明記された商品を選択するようにしたいです。

 

次善の策としては、ヒペリシン0.3%以上のものを選びたいです。

 

スポンサーリンク