カルシウムの特徴と成分

カルシウム(Ca)の特徴は?

カルシウムには、次のような特徴があります。

 

■日本人はカルシウムの所要量を満たしていない。
■神経細胞などの様々な組織の活動にも重要である。
■歯や骨に多く存在する主要なミネラルである。

カルシウムの成分は?

カルシウムは、
体の1.5〜2%ほどを占めており、

 

そのうち99%が、
炭酸塩やリン酸塩として骨や歯に存在しています。

 

また、残りのカルシウムは、
筋肉や神経、血液中に存在します。

カルシウムのサプリメント

厚生労働省の国民栄養調査では、
カルシウムの摂取量が少ないことが示されていて、

 

具体的には、1日当たり所要量600rに対して、
550r前後で推移しています。

 

このため、食事に加えて、
サプリメントを上手く利用することが望ましいとされています。

 

スポンサーリンク

カルシウムにはどのような機能がありますか?

骨はカルシウムの貯蔵庫であり、
必要に応じて、カルシウムを沈着させたり、
血液中に溶出したりしています。

 

また、血液中のカルシウムは、
生命活動に必要な調節機能を担っています。

カルシウムの効用は?

カルシウムに期待されるのは、次のようなものです。

 

■月経前症候群(PMS)に伴う症状の緩和
■骨粗しょう症と骨折の予防
■閉経後の骨粗しょう症の治療
■腎臓病患者におけるリンや甲状腺ホルモン代謝の調節

カルシウムの吸収について

カルシウムの吸収過程には
様々な要素が影響を及ぼすことから、

 

摂取したカルシウムが
そのまま体内で利用されるわけではありません。

 

例えば、シュウ酸やフィト酸、
リンなどはカルシウムの吸収を抑制する一方、

 

ビタミンDやある種のアミノ酸は
カルシウムの吸収を促進します。

 

スポンサーリンク

カルシウムの安全性は?

カルシウムは、
これまでに数多くの研究が行われていて、
その効果と安全性は確認されています。

カルシウムの摂り方は?

カルシウムは、
ベーシックなサプリメントとして継続して摂取します。

 

特に成長期の小児、高齢者、妊婦・授乳婦などは、
カルシウム不足に陥りやすいですから、
積極的に利用したいところです。

カルシウムの注意点は?

カルシウムは、
通常の食材に由来する成分なので、
特に問題となる健康被害や副作用は知られていません。

 

ただし、大量に摂取すると、
胃腸障害を生じることがあります。

 

また、1日当たりの許容上限摂取量(2500r)を超えて
長期間摂取すると、
腎臓結石の発症のリスクが高まります。

 

この過剰摂取に伴う腎臓結石のリスクに対しては、
マグネシウムの併用で対応します。

 

これは、マグネシウムは、
カルシウムの異所性沈着※を抑制する作用をもっているからです。

 

ちなみに、カルシウムとマグネシウムの両方を含む
サプリメントが製品化されています。

 

なお、一部の医薬品との相互作用を示唆するデータがありますので、
何らかの医薬品を併用する場合には、
主治医に相談の上で利用するようにしてください。

 

※腎臓など軟部組織への沈着です。

 

スポンサーリンク