ウコンの特徴と効能

ウコンにはどのような特徴がありますか?

ウコンには、次のような特徴があります。

 

■基礎研究では抗ガン作用も示されています。
■ウコンは、香辛料や食用色素の1つです。
■肝臓保護作用、抗炎症作用、抗酸化作用が知られています。

ウコンにはどのような効能がありますか?

ウコンに期待されるのは、次のような効能です。

 

■抗酸化作用による生活習慣病の予防
■肝機能保護作用

ウコンのサプリメント

ウコンは、英語名を「ターメリック」という、
インド原産のショウガ科の植物であり、
カレーなどの香辛料や食用色素として用いられてきました。

 

このウコンの主成分の黄色色素クルクミンには
強い抗酸化作用や解毒作用があり、
生活習慣病の予防に効果があるとされています。

 

また、肝機能の改善や食欲不振などに対しても利用されます。

 

なお、ウコンの基礎研究においては、
抗ガン作用や抗菌作用が認められています。

 

スポンサーリンク

ウコンの摂り方は?

ウコンには、特に決まった摂取量はありません。

 

一般に、短期間では効果が期待できませんので、
継続して利用するようにしたいです。

ウコンの有効成分は?

ウコンの有効成分としては、次の2つの成分があります。

 

■クルクミンという黄色の色素
クルクミンには抗酸化作用があり、
ガンなどの生活習慣病の予防効果が期待されます。

 

また、クルクミンは消化管において
テトラヒドロクルクミンというさらに強力な抗酸化力をもった物質に
変化することが知られています。

 

■精油(エッセンシャルオイル)成分
ウコンの精油成分には、α、βターメロンがあります。

 

また、この精油には抗菌作用があり、
病原性大腸菌やヘリコバクター・ピロリ菌などに対する効果が認められます。

 

なお、ウコンには、肝臓の働きを助け、
アルコールなどの負担から肝機能を保護する作用もあります。

ウコンの研究結果等について

基礎研究においては、
クルクミンとテトラヒドロクルクミンが、

 

その抗酸化力によってLDL(悪玉)コレステロールの酸化を抑制し、
動脈硬化を予防することが示されています。

 

具体的には、健常者由来のLDLコレステロールを用いて、
クルクミン、テトラヒドロクルクミンなどの
抗酸化剤の効果を検証した実験では、

 

いずれも濃度依存性にLDLコレステロールの酸化修飾が
阻害されています。

 

また、ヒトに投与した研究においても、
コレステロール低下作用と過酸化脂質の減少効果が認められています。

 

スポンサーリンク

クルクミンの抗炎症作用について

クルクミンの抗炎症作用は、
TNFα(腫瘍懐死因子α)やIL(インターロイキン)-1βなどの
サイトカインの活性を抑えることによります。

ウコンはどのような点に注意が必要ですか?

ウコンは、通常の食材に由来する成分なので、
特に問題となる健康被害や副作用は知られていません。

 

ただし、アレルギー症状や過敏症が現れることがありますので注意が必要です。

主治医に相談した方がよいケースは?

肝臓や胆のうに病気のある人や、
妊娠中や授乳中の人がウコンを摂る場合には、
念のため主治医に相談するようにしてください。

 

また、動物実験においては、
医薬品との相互作用を示唆するデータがありますので、

 

何らかの医薬品を使用している場合も、
主治医に相談の上、使用するようにしてください。

 

スポンサーリンク