クランベリーの効能、有効成分、細菌増殖抑制効果...

クランベリーとはどのようなサプリメントですか?@

クランベリーエキス(or ジュース)というのは、
女性に多い膀胱炎や尿道炎などの
尿路感染症を予防する効果があります。

 

女性は男性よりも尿道が短いことから、
細菌が侵入しやすく、膀胱炎や尿道炎を起こしやすいとされており、
女性の60%が一度は尿路感染症を起こすといわれています。

クランベリーとはどのようなサプリメントですか?A

また、少なくとも3分の1の人が
1年以内に再発を経験するそうで、

 

これは、
20歳代後半と55歳以上の女性に特に多いということです。

 

このようなケースにおいて、
クランベリーに含まれる有効成分は、
細菌の付着や増殖を抑え、感染を予防します。

クランベリーにはどのような効能がありますか?

クランベリーに期待されるのは、次のような効能です。

 

■口腔細菌付着の阻害作用
■脊髄損傷や尿路変更患者における尿路感染症の予防
■細菌尿の改善作用
■尿路感染症の再発予防
■膀胱炎や尿道炎など尿路感染症の予防

 

スポンサーリンク

クランベリーはどのような点に注意が必要ですか?

クランベリーは、通常の食材に由来する成分なので、
特に問題となる健康被害や副作用は知られていません。

 

また、他のサプリメントや医薬品との相互作用については
報告されていませんので、併用は問題ないと思われます。

クランベリーの有効成分は?

クランベリーの有効成分は、
プロアントシアニジンというファイトケミカルであり、

 

これは、
クランベリーの赤い色素を構成する成分です。

 

このプロアントシアニジンは、
タンニン類の中のエピカテキンに分類されます。

クランベリーの細菌増殖抑制効果

クランベリーに含まれる有効成分が、
体内で酸性物質に変化して尿中に排泄されることによって、

 

尿のpHを下げて尿を酸性に保ち、
細菌の増殖を抑制するというメカニズムが示唆されています。

 

つまり、クランベリーは、
膀胱炎や尿道炎の原因菌である大腸菌などの増殖を抑えたり、
尿路系の細胞への付着や感染を抑えたりすることによって、
尿路感染症を予防するということです。

 

具体的には、大腸菌類の60%に対して
感染防止効果があるとされています。

 

なお、このような効果は、
クランベリー特有のものであり、

 

同じツツジ科に属するブルーベリー(ビルベリー)には、
こういった作用は認められません。

 

スポンサーリンク

クランベリーのサプリメントの効果は?

これまでに、クランベリーエキスサプリメントや
クランベリージュースを使用した研究が行われ、
以下のようなクランベリーの持つ効果が証明されています。

「イギリス医学ジャーナル」に報告された研究について

2001年に「イギリス医学ジャーナル」に報告された研究では、

 

150人の女性を対象にして
大腸菌による尿路感染症の再発予防効果が検討されました。

 

被験者は、次の3群に分けられ、
再発に関しての追跡調査が1年間行われました。

 

■クランベリージュースを毎日飲むグループ
■乳酸菌飲料を週に5日間飲むグループ
■対照群

 

その結果、6か月後までの再発率は、
クランベリージュース群では16%であった一方で、
乳酸菌飲料では39%、対照群では36%ということでした。

 

なお、12か月後でもクランベリージュース群では、
有意に再発率が低いことが示されています。

クランベリーの尿路感染症の発症・再発予防について

日本での報告を含む数多くの研究において、
クランベリーが尿路感染症の発症と再発を予防することが明らかになっています。

 

具体的には、153人の高齢女性を対象にした研究では、
クランベリーにより細菌尿が改善したという報告があります。

 

また、クランベリージュースが、
脊髄損傷患者の頻尿や尿失禁を引き起こす尿路感染症や、
尿路変更後に発生しやすい感染症の予防に推奨されています。

 

なお、基礎研究では、
クランベリーの有効成分であるプロアントシアニジンの抗ガン作用、
抗菌作用、LDL(悪玉)コレステロール酸化抑制作用などが示されています。

 

ちなみに、そのほかにも、
クランベリーによる口腔細菌に対する付着阻害効果の報告もあります。

クランベリーの摂り方は?

クランベリーは、無糖のジュースとして、
または有効成分を抽出したサプリメントとして摂取します。

 

また、クランベリーは、
毎日継続して摂ることが効果的であるので、
サプリメントの方が利用しやすいかもしれません。

 

なお、クランベリーは、
予防目的であれば、500〜1000r摂取します。

 

なお、尿路感染症を発症後、抗生物質の服用を望まない場合には、
2000〜8000rのクランベリーエキスが治療目的で投与されます。

 

スポンサーリンク